今回は、いい病院研究会で座長を務められている北澤様を講師に迎え

家庭と将来の職場との中間点での支援を目的に、ニート、 不登校、ひきこもりなど、様々な問題を抱えた方へのカウンセリングも行っています。また軽度障がい者が企業に就職できるよう自立活動を支援する福祉のお店として、
純手打ち讃岐うどん「ゴーシュ」の展開をされています。

障害者雇用を取り巻く現状、今後障害者が自立して活躍する為の取り組み、支援のあり方などをお話頂きました。

 

発達障害について

知的ではないと親も発見しづらい。
コミュニケーションが苦手な方が多いものの手帳を取得していない方も多い。

今まで支援が無かった分野でもあり、本来は先天性の脳機能障害というのが知られていなかった。
個人差はあるものの直らないと決めずに訓練すると改善していく。

ダメと決めない事が大切。

 

 

子供を自立させる気持ちが大切

うちの子は障害があるから独り立ちは無理と決め付けている親もいる。
その子が働いて自立するのではなく、行政に訴えて補助金を獲得する事に目が向いてしまっているケースもあった。
また、知的障害の子についてはどうしても過保護になってしまうケースが見受けられる事が多く、必要な日常生活のスキルが身につかない状況が続いてしまっている。

 

最後に北澤様から今後の支援のあり方、あるべき姿についてお話いただきました。

「障害者であっても自己実現が出来る社会になってほしい」

健常者の方もいつ弱者になるか分らない。出来ないところを補え合える社会になってほしい。

その人その人により、生活や仕事の進め方など異なる為に支援のあり方として「対等に接する」事が大切。かわいそうな人、出来ない人と決め付けるのではなく信じて認める事で成長していくきっかけがあり尚且つ優しさだけではなく、社会に出て行ける自立できる様に教えていく事が大切で毅然とした態度をもつ事により、障害者の方も信頼してくれる。

やれば出来ると信じていると応えてくれる。

一人一人の可能性を信じてどこまで出来るか挑戦する事も大切であり、支援する側としては同じ障害でも皆違うところもあるので工夫が大切。企業側も法定雇用率を守る為に雇うのではなく、1人1人考えてくれる事で自己実現が出来る社会になってほしい。

 

 

北澤様のお話の後に牧野様から「書籍の紹介と中小企業が障害者雇用を行う為には」という事で解説を頂きました。

書籍:なぜ障がい者を雇う中小企業は業績を上げ続けるのか?

会社の業績が高くなって利益が出てから障害者を雇うという順番ではなく、障害を持っている方を雇う「環境を整える」所から入っていくという順番が大切。

その仕組みが多くの働いている方の働きがいにつながる。中小企業の場合、多くは賃金が高いからという事よりも働きがいがあるから、そこに仲間がいるから
という意識を持つ為の環境を整える事から始める事がいい。

それは健常の方にとっても働きやすい環境であり、働きやすさが障害を持っている方だけではなく会社全体として環境が整う。その延長線上に利益が上がる仕組みになる

 

 

毅然とした態度も必要

中小企業で利益を上げている会社において、「規律制が高い」というのがあります。
規律性はルールを守ったり、リーダーシップを発揮する際、リーダーの基内容を理解し、すぐに動ける体制がある事。それには毅然とした態度が必要。

毅然とした態度は障害のあるなしに関わらず必要であり

健常者にとって、成長意欲の高い人材をどう作るかにおいても大切な事。障害を持っている方が出来る事は健常の方において「成長意欲」につながる。

その方の為に頑張るという利他の精神にもつながる。

それが中小企業であればある程、機動性があり展開しやすい。

いい会社第48回東京首都圏勉強会アンケート結果

どの様な点がご満足ご不満でしたか?
・とても分りやすくお話をして下さったと思います。
・プライベートで知的障害者の就労支援の活動、うどん屋という社会の実践の場を通じて、カウンセリングのプロセスを通じて効果的なものになっている事は敬意を表したい。今後は支援者の育成とネットワーク(協力体制)を期待されます。

 

その他ご意見、ご感想のある方はご記入をお願いします。
・どんな障害を持っていても(障害者だけでなく困難を抱えていても)その事自体が問題を引き起こすのではなくその周囲の環境(親を含め社会の目や常識など)が問題なのだと思いました。健常者も障害者も知識で育つのではなく人の中で育つと思うので、そういう環境が整うと良いなと思います。そのために出来ることを考え実行していきたいと思います。
・途中参加になりましたが私自身の事業に関して大変参考になりました。

[metaslider id=4681]