日本の中小企業をいい会社に。いい会社の法則実行委員会は勉強会から中小企業のコンサルティングを通じて経営支援を行います。

2013年8月25日 有限会社フタバタクシー様訪問感想文

  • HOME »
  • 2013年8月25日 有限会社フタバタクシー様訪問感想文

30代男性

8月25日フタバタクシー様に訪問させて頂きました。
フタバタクシー様の取り組みは
・66名のドライバーのうち62名がホームヘルパー2級以上の資格を取得している事
・殆ど退職者がいない事
の2点と
及川社長がどんなに忙しくても会社に出社して、社員の皆さんと顔を合わせている事と先を見て経営をしていることが挙げられます。

 

先を見ているというのは将来ビジョンに「総合生活移動産業」というのを掲げられ
・顧客サービス業
利用者が貸し切った空間で1人の運転者が1~数名の利用者に応対する顧客サービス

・地域密着型生活支援サービス
福祉タクシー、育児支援輸送、地域利用者ニーズに対応した多様かつ高度なサービスの提供

・交通弱者の移動手段
高齢者等の移動の足として

これらの公共交通機関として多様なニーズにきめ細かく対応し高い利用者満足(CS)を実現する公共的色彩の強い総合生活移動産業を目指している事が挙げられます。

日頃私たちが生活している中でタクシーを使う10分20分の間においては気にする事はないかもしれませんが、乗務員の方が親切な対応をして下さるだけでも好印象に感じる事が出来ると思いますし、それが妊婦さんや障害を持たれている方、小さい子供さんがいる方など、安心してタクシーを呼べる会社がある!というのを日頃の態度(接客、ニーズに応える)というのを及川社長は重視されており、社長の想いが根底にあるからこそ従業員の方の退職も殆ど無いという状況が築かれたのだと思います。

 

次に業界における問題点と対策について
小泉政権における規制緩和により仙台圏のタクシー会社数と台数が大幅に増加

既存会社の台数競争が始まった

台数増加に見合う優秀な乗務員が集まりきれず質の低下を招く結果となった。
(1人1車といって、自宅に持ち帰るケースもあり社内の汚れ、生活臭、公園での洗車や弁当の投げ捨ても見られた)
上記に伴い、新規参入の低運賃化が顕著になり上客の争奪戦

結果的に交通渋滞、違法駐車、苦情の激増、交通事故など交通マナーの低下が見られたとの事で自社だけではなく、業界の事を考えて適正な競争をするべきだと国に訴えているその実行力と見識の広さに対して経営者としての心の広さを感じ「価格での勝負ではなくサービスでの勝負」という事が印象的でした。

 

そのサービスを充実させる為にも
タクシー業界においては、年齢層が50代、60代でスタートする方もいる。
そういう方に、会社の方向性をわかってもらい仕事に取り組んでもらう為には忙しくても日頃顔を合わせる事、365日休みなく出社する事を実行しているという事において
また、当日懇親会までお時間を作って頂き、分厚い資料を作成してプレゼン頂く事まで対応して頂いた事に、日頃及川社長のサービスにかける姿勢を見習わせて頂きました。
今回は終日お時間を作って頂きありがとうございました。

20代男性

会社見学させて頂き誠に有難うございます。
そして、2時間と言う遅刻をしてしまい大変申し訳ございませんでした。

まず驚いたことは、その日私は、遅刻をしてしまいました。10、20分の遅刻ではありません。約2時間の遅刻です。ですが、及川社長は、会った瞬間に遅れたことを何も気にせず「こんにちは、会社の車を実際に見たほうが事業内容などわかりやすいから説明しますね」と言ってくださいました。
正直、感激して泣きそうになりました。この心の広さというかなんといえばいいかわかりませんがすごくかっこよかったです。
フタバタクシーが扱っている車の種類
・一般タクシーとしてプリウスタクシー、救護タクシー、そしてクラウンなどの一般のタクシー
こちらのタクシーは観光者や旅行者向けのタクシーになります。救護タクシーというのは、病院等の診察予約取りから薬局の薬の受け取りなども行ってくれるタクシーです。
・福祉、介護タクシー
車椅子が入る小型福祉タクシー、介護移送や病院の通院や入退院などをしています。
大型福祉タクシー、こちらの大きさはvanになっていて車椅子の人と隣でおしゃべりができるくらいにとても広い印象を受けました。
寝台タクシー、こちらは救急車をタクシーに変えたモデルになっています。なので、中には救命道具やベッドも入っておりとても広いです。赤いヨコ線が入っているのですがそれは消防認定者のの証だそうです。しかも仙台市第一号がフタバタクシーにあります。

 

この車を見て、私が思ったのは、タクシーにこんなに種類があるのか。そして、車椅子も乗れるタクシーがあるのはとてもありがたいことだなと思いました。
この会社は、安心、安全、親切、丁寧をモットーに行っています。そんな中及川社長の話を聞いていてタクシーに対する考え方が変わりました。タクシーといえば、お金を持っている人、急いでいる人、終電を逃した人が乗るものかなと思っていましたし、タクシーの運転手はちょっと怖いな愛想悪いなと言うイメージを持っていました。
及川社長のお話を聞いて、そのようなタクシーの運転手がいるのも事実、でも乗車する人も乗車する人で社会のマナー、モラルが守れている人が少ないと言う事実もありました。それと、色々なサービスをしても、お客様はそれに満足したかと思うともっと香レベルのサービスを求めてきてキリがなくなってしまうそうです。私は、サービスを提供する人の心、サービスを受ける側の心両方の心の気遣いがとても大事なのだと思いました。現代日本人が忘れかけている日本の本当に大事にしなくてはいけない部分だと思いました。

 

この会社は介護の部分だけではなく、子育てタクシーというものも行っております。
子育てタクシーとは、小さなお子様を連れた方に対して気持ちよくサービスをし、またお子様だけの送迎も安心して任せられる
「地域の子育て応援団」。幼稚園や塾の送迎、お子様一人での移動、夜中の急なトラブルなどにも対応しているサービスです。
このサービスは、登下校中に変質者に絡まれたり、子供の安全が心配になる世の中にはとてもすばらしいサービスだと思いました。
これからの未来を担う子どもたちの安全を守ってくれるのは子供タクシーなのかもしれません。

 

及川社長の話を間近で聞いていて、なんでこんなに活動的で、生き生きしていて、かっこいいんだろうと思っていました。素直にこんな人になりたいなと憧れを抱きました。正直直接会わないと及川社長のこの素晴らしさというか、かっこよさというのは伝わらないと思います。すごくこの社長かっこいいと思ったのは、毎日会社に出勤していることそれも、土日関係なくである。土日でも働いている社員がいるからということで社長が土日それも、毎日会社に来ますか?口でいうのは簡単ですけど、それを実行している社長がいますか?とても少ないと思います。
この毎日くるという行為、私は社員にとても安心感を与えていると思いますし、社員はこの社長について行きたいと思います。他の人がどう思うかわかりませんが私は、そう思います。
そして、社員一人ひとりのことをちゃんと見て、名前を覚えて名前で呼ぶ。このような、当たり前なことを当たり前にやっている。
確かに、会社で働いていて、もし社長に君やおい。と呼ばれるのは、気分が悪くなりますし、名前も覚えてもらえないなんてこの会社に私は必要ないんじゃないだろうか。など不安や不満が溜まってしまうと思います。このように社員のことをしっかり考え、社員が働きやすいようにしてる会社、その会社を経営している及川社長、本当に素晴らしかったです。

 

本日は、いろいろな学びや新しい考え方を与えて頂き誠に有難うございました。
感謝申し上げます。有限会社フタバタクシー様の今後の飛躍を期待しております。

40代女性

有限会社フタバタクシー訪問

訪問日時  2013年8月25日
訪問場所  仙台市 有限会社フタバタクシー
対応者   代表取締役 及川 孝 氏
訪問者   5名

感想
全国でも最もタクシー業界にとって過酷な競争の現場となっている仙台圏。小泉規制緩和により40社2041台(平成14年)から64社3024台(平成20年)への目覚ましい増加。当然、収入は一人1日あたり36000円から20000円弱にまで下がっている。

 

その中で、フタバタクシーは福祉と環境に焦点をあてた営業方針を打ち出し、生き残りをかけている。
保有台数の半数近くを福祉専用または兼用車とし、地域の福祉施設と定期契約を結び送迎を行うなど、特色を出している。
福祉タクシーには、車いすが1台のれるものから寝台搬送ができるものまで用意し幅広く対応している。

また、子育てタクシー協会に仙台一早くに参加し、子供の送迎を引き受けている。

病人、老人、子供、障碍者など公共交通機関や自家用車の利用が不便な交通弱者でも外に出る機会を失わないための文字通り「代わりの足」になっている。

 

課題としては、子育てタクシーの台数が少ないため、見込まれる需要に対応できていないこと。
福祉タクシーの利用時間が限定され集中してしまうこと、一般乗客からは敬遠されてしまうこと(料金が高い印象を受ける)。ガソリン車はエネルギーコストがかかること。

 

現状を分析して、新たな価値を創造し対応している姿勢が素晴らしい。また、その対象が交通弱者で、地域に密着したサービスを展開していることも印象的である。

 

社長の本気度が伝わるお話をお聞きして、業種業態によらない仕事への取り組み姿勢の見本を見せていただいた気がした。

 

老人人口の増加、女性の社会参画やシングルペアレントの子育てなどの増加に伴い、こうした専門性の高いタクシーの需要は高まる。実際に、フタバタクシーの手助けがなければ生活が成り立ちゆかない家庭も多くあることだろう。

ぜひ、多くの人々の期待に応えて進化成長を続けてほしいと願う。

 

今後の課題としては、以下の点があげられる。
1.告知活動  正しい理解と正しい利用法の啓蒙
2.CS活動  ドライバーのみならず全社一丸となってサービスの質にばらつきなく顧客満足を図ることによって、地域住民の信頼を得ることができる
3.営業活動  稼働率をあげ、コストパフォーマンスの向上のためにも、眠っている顧客の掘り起こしなど、営業活動が必要である
以上、お忙しい中、私たちのためにレジュメを作り、丁寧にご説明くださった及川社長には、言葉では伝えきれない感謝の気持ちでいっぱいです。また、訪問を快く迎え入れてくださった社員の皆様にもお礼申しあげます。

フタバタクシーのますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

50代女性

仙台から仙石線で10分ほどの小鶴新田の駅に到着したときは、さっきまでの晴天がうそのような突然の豪雨になり、びっくりしながらお迎えの車に乗り込みました。
会社に到着しましたら、及川社長が人数分の傘を用意して外で待っていてくださいました。その気配りにまず感激しました。運よく雨はすぐ上がり、介護用タクシーを見ながら説明をお聞きしました。福祉施設などでの移送サービスは知っていましたが、タクシー会社が同じことをしていること、さらに子育てタクシーも始められ、交通弱者の移動手段として、地域密着型生活支援サービスとしての事業を展開されていることに、とても興味を持ちました。

 

お父様が急死されて、30年務めた銀行マンから転身、会社を継ぐことになり、会社を立て直すために様々な苦労があったことを伺いました。会社を継続させ、いい会社にするために、古参従業員の解雇や組合との粘り強い話し合いを継続し、賞与の圧縮と凍結などを図ったとのこと。その断固とした決断と行動は素晴らしいと思いました。その行動力と妥協しない意志の強さの成果が、利用者さんから信頼される会社になったのだと実感しました。1時間以上お話しを伺いましたが、話しが途切れることなくスムーズで、どんどん引き込まれ、及川社長の想いや夢がいっぱい詰まっていることを感じました。

 

全国子育てタクシー協会の会長としての社会的活動をしながらも、毎日出社し、社員全員の名前も覚えており、会話することを習慣にし、社員を大切にしておられます。
その努力によって、社長の想いを理解していただき、いいサービス、地域からの信頼に結びついているのだと思います。

 

ドライバー66名のうち、62名がホームヘルパー2級以上の資格を持っていること。
子育てタクシーとして、保育などの専門研修を受けているドライバーも10人ほどいらっしゃるとのことに驚きました。その専門性が、利用する高齢者、障がい者、子ども、妊婦さんなどにとっては、とても安心できます。ただ、子育てタクシーとしては、チャイルドシート4台、ジュニアシート3台ありますが、ドライバーさんが少なく、1日に5,6車しか対応できず、ニーズがあっても19時以降の夜間の対応はできていないとのことです。塾の送迎のニーズもかなりあるようです。少子高齢化で、社会的環境も変わってきており、今後ドライバーさんが増え、もっともっと地域の方のニーズに答え、安心して利用できるタクシーが増えるといいなと思いました。

 

車イスが後ろに乗せられる車は2種類あり、どちらにも常時車イスを積んでいます。
必要な方がいたら、有料でお貸しするそうです。ひとつは、小型車で、車イスを後ろに1台載せるタイプ、もう一つは、ユニバーサルデザインカーのNVバネットタクシーで、東北で初めて導入したとのこと。この車は、バンタイプなので車内が広く、車イスを乗せても、後部座席の人と並んで会話を楽しむことができます。また助手席側のスライドドアの開閉に連動して、電動式のスライドステップが付いており、乗り降りが楽にできる工夫がされています。車イス以外でも、後ろには荷物がたくさん入り、海外旅行用の大型トランクも3つ積むことができます。介護だけでなく、旅行者やレジャーなどに必要な大きな荷物も運べる便利な車です。

 

大型福祉タクシーは、介護移送、通院や入退院、冠婚葬祭などでも使われています。
特別支援学校の修学旅行などでも、大勢が乗れるということで利用されているそうです。

寝台タクシーは救急車をそのまま利用したもので、仙台市消防認定第1号とのことです。
通院や入退院、転地移送、ベッドのままの移動もでき、人口呼吸も行います。マラソン大会などでも需要があるとのことです。救急車を利用するほどではない患者さんの移送には、緊急時に対応できるので安心です。
このように、お客様のニーズを考え、子育てNPOなど地域の資源とも連携し、対応していることが素晴らしいと思います。

 

仙台では、規制緩和政策により、タクシー会社が大幅に増加し、台数競争が始まり、増加に見合う優秀な乗務員が集まりきれず、質の低下を招き、自宅に持ち帰り、生活臭があったり、公園での洗車や弁当の投げ捨てなどモラルの低下も見られたとのこと。
新規参入会社の低運賃化があり、乗客も少しでも安いタクシーに乗る傾向があり、争奪戦も激化したそうです。結果的に交通渋滞・違法駐車・苦情の激増・交通事故の多発・交通マナーの低下を招いたとのことです。

 

タクシーを利用したときに、運転手さんの対応が良ければ、安心して利用できますが、返事がなかったり、態度が横柄だととても不安になります。運賃が安くても、安心して乗れるタクシーでなければ、長い目でみたら、利用者は増えないと思います。
価格でのサービスではなく、サービスの質で勝負するというお言葉に納得です。

 

及川社長は、社会の変化に敏感に対応し、新たなる事業展開も考えておられます。
また国民が、介護や子育てタクシーなど、新しいタクシーのニーズを認知できるよう国への働きかけも積極的にされています。
今後のタクシーのあるべき姿として、ニーズの多様化・高度化にきめ細かく対応し、高い利用者満足を実現する公共的色彩の強い「総合生活移動産業」を目指しておられます。
及川社長の行動力で、全国にこのようなタクシー会社が増えることを願っています。

 

懇親会の場をつくっていただき、お忙しい中、39ページにも及ぶプレゼン資料も用意して、丁寧に説明をしてくださいました。また気柵に本音で話す社長に親しみを感じるとともに、社員の方の退職がほとんどないということも含め、社長の温かさや器の大きさ、行動力などたくさんのことを学ばせていただきました。
また被災地を案内していただき、まだまだ復興には程遠い現実も見ることができ、感謝しております。中学校で慰霊碑に子どもたちの名前がたくさん刻まれているのを見て、いたたまれない気持ちになりました。
東北の復興とフタバタクシーの今後の発展を心から願っております。
どうもありがとうございました。





PAGETOP
Copyright © 「いい会社」の法則実行委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top