日本の中小企業をいい会社に。いい会社の法則実行委員会は勉強会から中小企業のコンサルティングを通じて経営支援を行います。

2013年8月29日 株式会社清月記様訪問感想文

  • HOME »
  • 2013年8月29日 株式会社清月記様訪問感想文

30代男性

8月29日清月記様に訪問させて頂きました。
まずはじめに菅原社長に当日出張がある中でお時間取って頂いた事に感謝したいと思います。

 

講演の内容は菅原社長が用意して頂いた資料を基にお話をお伺いし、質疑応答をさせて頂きました。
菅原社長のお話をお伺いする中で、印象に残ったのは「信念を持っている方」というのがあります。
創業から28年目を迎える中で、一度も朝礼を欠かさずに現在も継続されている事。
目配り、気配り、心配りは当たり前で更に「手配り」の行動が伴わなければいけない事。
それをご自身の創業期の経験を基に、現在も続けていらっしゃる事の素晴らしさと私たちが学ぶべき信念を感じる事が出来ました。

 

清月記様の理念は「NOと言わない」
そして、当たり前の事を当たり前に
人間は習慣の生き物であるから毎日毎日同じ事を繰り返すので
その繰り返しの中に、当たり前の様に挨拶があり、身だしなみを整える事があり。
毎日朝礼を行うのも当たり前の事だと思って行っているだけの事であり、特別な事をしている訳ではないという事。

「それを続けていく事によっての継続性、信頼性が高まる」
雑草から魅力ある木になっていく。その木の幹が太くなれば引っこ抜くのが難しい程に成長していく。
320人(清月記様の従業員数)で1本の気を育てていく。
その過程において、真面目に取り組んでいればお客様や仕事先の方が応援団になってくれて、今は28年間築き上げた応援団の方々がいると思っている。
それを大切にしていく事
その上で企業の継続がある!

 

やはり、見ている人は見ているという事で
清月記が選ばれる企業になる為には、昔の葬儀屋は御用聞きで成り立っていた面もあったが、今はお客様が選ぶ時代であり、いかに消費者目線で物事を見て、提案出来るかが大切だという事をおっしゃっていました。
その考えが1に営業、2に営業、3、4も営業で5も営業というお言葉が
単に売るだけではなく、お客様は言動、姿勢、動作など含めて見ていらっしゃる。その1つ1つを大切に営業という視点を持って行動する事の大切さを語っていた様に思います。

 

菅原社長が「サービスとは人である」
「1人1人の人間力の高さが必要」
清月記の最大の武器は「社員」
という言葉に感動しました。

320名という規模において、従業員の方に菅原社長の想いが伝わっている、電話の受け答えからメールの対応、ご訪問時の対応など全て含めて経営者の理念が浸透し実践できているからこそ「最大の武器は社員」という事が言えるのだと思います。

 

最後に
菅原社長の1番目のお客様のお話をお伺いした時に、いかに人のつながりが大切なのかを教えて頂く事が出来ました。
1985年の3月8日のオープン時までに1ヶ月程準備期間があり、その間コピー機の販売で来ていた営業マンの方のお父様がお亡くなりになってオープン当日にお電話を頂いたのが初めてのお客様という事で、営業でこられる方においても将来お客様になるかもしれないという想いで接していたその創業当初の想いを今でも持ち続けている事の素晴らしさは、私自身も持ち続けるべき内容として大切な事を教えて頂いたと思っております。

40代女性

2013.夏期合宿 清月記様会社訪問の感想

この度、8月29日に宮城県仙台市にあります清月記様を訪問させていただき、ありがとうございました。
清月記様の本社に伺わせていただき、菅原社長よりパワーポイントを使用しながらお話をいただき、その後、社内見学をさせていただきました。
初めに、本社入り口の自動ドアを入ったエントランスに、花がモダンに飾られており、その空間全てが、「ようこそいらっしゃいました。」と言わんばかりのおもてなしの空間となっておりました。なかなか気持ちを形にし続けていくことは、全ての社員一人ひとりが、会社の理念に基づいた存在意義を意識していなければできないことだと思いましたので、素晴らしいと思いました。感動いたしました。

 
そして、菅原社長は、冒頭で「弔いができるのは人間だけ」とおっしゃられた後、会社の成り立ちのお話をされ、会社の成長を樹に例えてわかりやすく教えて下さいました。「一つの種が芽をだしても、ダメになったり、引っこ抜かれたり…雑草のようなものが、いずれは木になり、添え木して(周囲の協力により)、引っこ抜けない木になり、樹木になり…病気になったら、治療して、見守られ、手を差しのべられ…まじめに取り組んでいれば、応援団はいてくれる。」と。初めから、樹木なのではなく、種から年月をかけて樹木になる。その道のりは決して簡単ではないけれど、諦めない…社員やお客様のために。その思いは、計り知れないものがあり、起業するには、社員やお客様を幸せにするという強い意志と、その責任を果たしていく、その覚悟をもって挑み続ける強い信念がなければならないと痛感しました。

 
また、清月記様の理念は、「ノーと言わない」ですが、この姿勢を貫き通す環境が、会社に構築してきたことも教えていただきました。人間は、習慣で生きているので、毎日、朝の朝礼で理念を伝え、意識づけをされているとのことでした。この28年間、365日朝礼を欠かしたことがないとのことで、その徹底されている社員教育が、社長の思いや会社を誇りに思う気持ちをはぐくみ、それが、社員一人ひとりの行動や挨拶、笑顔になり、社員のみなさんの、そして、お客様の幸せにつながっていくのだということを感じることができました。

 
そして、例えば、社員の中に、「大変、大変。疲れた。疲れた。忙しい。忙しい。」と言って、依頼された仕事を断ることがあった場合、ここで終わり。ここまでの能力といっているようなもの。何を依頼されても、「かしこまりました。」であり、「ノーと言わない」ということは、可能性を自ら終わらせないということを学ばせていただきました。また、「ノー」と言うことは、自分の都合であり、相手の都合を考えるなら、「ノー」はない、とことんお客様の側に立って仕事をしているということも、菅原社長のお話を聴いて実感できました。とても、重要なことを教えていただいたように思います。私は、福祉の相談窓口で、相談業務を行っておりますが、相談に来られた方は、不安を抱え、藁をもつかむ思いで相談に来られます。大抵は、その場で解決できない内容ばかりですので、段取りを話し合います。いわゆる作戦会議ですが、「ノー」はありません。また、外部から、講師依頼も「ノー」はありません。それにより、仕事の幅が広がり、信頼性も深まってきます。どの業界においても、誰にでも言えることだと、改めて再確認ができました。今回、清月記様の「ノーと言わない」という理念の深さと重みを知ることができました。

 
また、人材育成の基本は、毎日の朝礼をし続けることが重要…礼拝をするように…。そこで、「会社として、当たり前のことを、当たり前に」その単純なことを毎日伝えており、その、当たり前は、5年前と今では違っており、ステップアップしているとのことでした。また、靴を脱いだら、揃える。とか、挨拶をする。または、身だしなみや立ち振る舞いといった基本的なマナーについても、常に気を配っているように伝え、それにより、社員が品格がよくなると、お客様も品格がよくなるとお話がありました。そのことが、社員もお客様も心が豊かになり、幸せを感じることができている証なのだと思いました。

 
そして、サービス提供時には、ご遺族の心境を考慮し、失礼のないように、後悔のないように…そういった細やかな配慮や敏速な行動を必要とされ、「目配り」「気配り」「心配り」「手配り」とおっしゃっておりましたが、それが、徹底されていることも素晴らしいと思いました。かけがえのない仕事として、この仕事にプライドと誇りをもって、どんなに褒められても、決して驕ることなく謙虚に、そして冷静に未来を見据えている菅原社長の姿に社長としての重みと深さを感じました。

 
また、お金を出す人だけが、お客様ではなく、死は誰にでも訪れること。全ての人がお客様。ご用命のあったご遺族やそのお知り合い等の周囲の人たちばかりでなく、会社の前を通行する人も、地域の人も、会社の前やその周辺を草取りや掃除をしていれば、そのように見てくれる。また、ご用命をいただいて、お支払をいただいて、お宅に伺い、集まった遺族の前で葬儀の一切をさせていただく、こんなPRの場所はなく、ビジネスチャンスを常にいただきながら仕事をさせていただいている。仙台市内では、1日20人の方が亡くなっています。その何人が清月記という名前を思い出し、電話をしてくださるか。そのことを常に意識していらっしゃるとのこと。そのように、決して、お客様だけに止まらず、会社を通して、仕事として関わる社員、あるいはその家族、お客様やそのお知り合い、そして地域住民に至るまで、広い視野でその全ての方の幸せを一心に願って会社経営をしていくことの重要性をしることができました。
また、東日本大震災の際には、棺を素早く確保し、対応され、そのお話も伺うことができました。その様子は、東日本大震災「葬送の記」の本を出版されており、また、清月記活動の記録という貴重な冊子を発刊されておりました。やはり、困っている状況や支援が必要な状況に陥った時に、いかに会社の強みを活かし、「自分たちができること」を瞬時ににできるか、ということが大切あり、それには、菅原社長の危機意識に対する地道な努力があり、それが会社の信頼を得ることにつながっているのだと思いました。

 
今回、清月記様へ会社訪問をさせていただき、大変多くの気づきと学びをいただきました。とても貴重な時間をいただき、感謝申し上げます。ここで学んだことを自分ができるところから実行していきます。どうもありがとうございました。

20代男性

株式会社清月記の皆様本日(8/29)は訪問させて頂き誠にありがとうございました。
まず、株式会社清月記の社会内に入り驚いたのは、素晴らしく綺麗なオフィス、葬儀会社とは思えないほどのオフィスでした。来客者用の部屋に案内をして頂き、菅原社長のお話を聞かせて頂きました。

 
株式会社清月記と言う会社の、葬儀を行っている会社です。そして、弔う事ができるのは人間だけ、そのほかの生き物は、たとえ家族親戚がなくなったとしても、弔う事をしません。人間ができる最大の儀礼が葬儀です。その葬儀で、最高のサービスを行っているのが株式会社清月記です。葬儀と言うのは、お客様の気持ちになって、サービスを行うのが難しいと言われています。それは、亡くなったご親族のお気持ちになると言うのは、決してできるものではありません。ですが、株式会社清月記は、お客様に本当に感謝され、支えられ、素晴らしいと言われ続けています。

 

 

「ノ―とは言わない」
お客様から頼まれたもの、人から頼まれたものにはかしこまりました。と応えるそうすることによって、だんだんと求められる存在になると仰っていました。その後の例え話も、とてもわかりやすく断ってしまったら、その信頼につながる、求められる存在になるというチャンスを逃しているのか。と思いとても学びになりました。

 

 

「当たり前のことを、当たり前にやる」
これは、ただ当たり前のことを当たり前にやり毎日をすごしてはいけない。例えば、5年前の当たり前が現在も当たり前ということならば、なにも成長をしていないという事になります。なので、当たり前のことを、当たり前にやるのだけれど少しづつ成長をしていくこと、レベルを上げて行くこと。経営とは毎日考え、少しづつステップアップをしていき、長く続く企業にしなくてはならない。菅原社長は次の25年経営を続けて行くためにこの様なことを仰っていました。今日から365日。明日も365日。明日また経営していくために、企業が残り続けて行くために毎日考える。そして、100年続く会社を作る。これを、当たり前に行い、重要なのが続けて行くという事が大事。これを菅原社長は行っているので、株式会社清月記は成長し続けているのだと感じました。

 

学生(高校生、大学生)と言う事、それは将来のこと、仕事のこと自分が何を行い何をしたいのかを設定するのが学生だと教えて頂きました。そして、それは準備につながること社会に出て1歩でも、他の人よりも前に出る事の重要性。そのためには、努力を怠らない事。例えば大学生と言うのは時間がありますので色々な事ができるようになります、その時間を有効的に使うには、なりたい自分、やりたい仕事を決める、決めたらそれに向かってひたすら努力をすること。それは、目標の達成の仕方であり、夢のかなえ方でもあると思いました。
この様な事も教わりました。20代の人は40年後の絵を描く。この絵は将来どのようになっていたいのか目標を決める事。そして、その目標に向かって努力を怠らない事。若いうちは時間があるので大きな夢を40代の人ならば、20年しかないので、現実的な夢をと仰っていました。
朝起きれないという人、起きれないのではなく起きようとしていないのであり、起きれることに感謝していないから、起きれないのです。亡くなった方は、起きたくても起きれないのです。だから、毎日起きれることに感謝しなさいという事。身体は資産なのだから、どんどん使いなさいという事。大変だとかすごいとかそうゆうのは、相手が評価や言うことであり自分からは言わない方が良いという事。日本と言う豊かな国に生まれてきた事。父親、母親がいて家族がいてご先祖様がいるから、今の自分がいるという事そのすべてに感謝する事を忘れない事。これは、成長、進んでいく中で、当たり前のことであり、とても重要な事だとすごく感動しました。

 

そして菅原社長は、10歳の時から会社を起こそうと考えて行動し続けていたと言うのを聞いて驚きを隠せませんでした。菅原社長は、準備が大事だと今回お話をして頂いている中で何度も仰っていました。その準備が10歳の時から始まり25歳の時のために行っていたと言う事実を聞きこの方は本当に素晴らしい人だと思いました。10歳の時から、そのように考え行動して、今会社を経営している方は、とても少ないと思いますし本当にお客様の事を思い最高のサービス業を行っている菅原社長の様な経営者はほかにいるのだろうかと思いました。

 

社内を見学させて頂いて、葬儀に使うものが管理されている3階、2階の事務所、1階のお花を保存しているところを見たのですが、とても綺麗に整頓、管理されていました。お花の作り方見せ方も、全国で違う見たいです。そして、お花を作る担当の職人がいる。極めれば何事もプロなのだなと思いました。

 

今回、株式会社清月記様を訪問させて頂いて、そして菅原社長のお話を聞けた事は自分の人生の中で、忘れられることのできない出来事です。そして私の40年後は、菅原社長に教わったように私も若い年代の人、次を担っていく人たちにこの思いや考えを伝えられる人になります。

 

本日(8/29)は、訪問させて頂き誠にありがとうございました。そして、菅原社長自ら、お話頂き誠にありがとうございました。

30代女性

いい会社とはなんぞや、「いい会社」の基準というものがまったくわからず、「いい会社」と世間で呼ばれているのは売上のある会社、日本を代表する有名な会社、テレビで大掛かりにCMすることのできる会社、だと思い込んでおりました。それなので、「いい会社」というものに自社をあてはめるもの、または自社が目標とするものとは思っておりませんでした。
そのときの訪問した「いい会社」によって自分の思っていた「いい会社」と正しい目を持っている人たちが考える世の中の「いい会社」が全く違うものだということに気づきました。
今回仙台にある清月記様を訪問させていただくにあたって、いままでお邪魔したいい会社とはすこし違った心持で参加させていただきました。どんないい会社なのかしら?という期待と、同業である、という期待。
同業とはいえ、清月記様は業界でもトップクラスの葬儀社、比較にもならないだろうという思いも抱えながら会社に到着、大理石でできた立派な、そしてきれいにお掃除の行きとどいたエントランス、良い香りの花がセンス良く活けられ、やはり大きい会社は違うなぁ、と思い。エレベーターを降りて目に入るのはガラス張りの社長室、続いて会議室、事務室、どこをみても清潔感のあるオープンな雰囲気からそれだけでうらやましいくらいにいい会社だなと感じ取れるほど心地よい空間でした。
いよいよ菅原社長と対面させていただき、いい会社のお話スタートです。

 
★今回のお話で私が一番うれしく感じたお話。
会社の経営、計画について焦る必要はない、慌てる必要もない、と仰られたこと。焦らなくても慌てなくてもすこしずつ変化をしながら継続していけば、少しずつではあるけれど、着実に前に進んでいく。そして少しずつ上に伸びていく。息切れしないように継続し続ける事、あきらめてしまえばまたゼロからのスタート。
社長自身も「これは後になってからわかったことなんだけれどね」と仰っていたけれど、私自身自分のしていることに確信も自信も持てないのでとにかくなにかしなければ、動かなければと、まわりをみて焦ってばかりいたことに気づきました。そして変化させるべきところは改革しながら、当たり前の事はきちんと、とにかくゆるやかでいいから継続しつづけることが大切だということ、
こんなに大きな会社の社長様もじっくりじっくりと進んで来られたのだなと思うとこういう考え方の経営者にわたしもなりたい、そう思いました。
いい会社は近道をしてできるものではない。

 
★自然災害に対する意識の高さ。
仙台(宮城)では阪神淡路大震災クラスの地震が30年以内に90%の確率で起きる、ということを念頭において斎場は地盤のしっかりした場所にのみ建設したとのこと。そのおかげで東日本大震災において清月記は仙台地域の棺の保管所をはじめ、御遺体の安置所など震災による犠牲者の方、またその御家族、他の葬儀社をつなぐ役割ができた。もし清月記が今回の災害のときに機能していなかったら、地域の犠牲者は棺にはいることもできず、人としての尊厳を守られずに荼毘に伏されることになっていたかもしれない。その部分だけにしても清月記が果たした社会的な役割というものは大きい。
会社や社員の利益も大切。さらに地域的な役割を果たすことができて、まさにいい会社と呼べるのだろう。すばらしいと思った。
また経営者としてすべて想定内にしなければいけないな、とも思った。

 
★最大の武器は社員。
社員は清月記で働くことで得るもので不利益になるものはない。大切な「目くばり」「気くばり」「心くばり」、見て、気づいて、相手の立場になったとしても「手くばり」行動が伴わなければ意味がない。躊躇せずに気づいたら実際に行動することの大切さ。常日頃からふれる方、全てがお客さまになりうる。もちろん葬儀を施行している最中も自分たちの行動、態度が会社をPRする場になる。忍耐強くお客様の心を察し、アドバイスし、お客様の不利益にならないようサービス(葬儀)を提供する。
重要なのはハードではなくソフト。つまり最大の武器は社員といいきる清月記は、他社がどんなに清月記と同じような建物やパンフレットなどをつくっても、真似してもかまわないという。なぜなら清月記と同じ社員はいない、から。
清月記様よりいただいたパンフレットの後書きのページに「この街に清月記があって良かったそう言っていただける存在であるために」とある。
実際会社訪問をさせていただいて仙台における清月記様の存在の大きさ、訪問前のイメージとしてはその大きさゆえ華々しさまで感じてしまっていたのだが、その存在価値を持ち続けるために地道に継続し続けるという、当たり前にできそうな、でもなかなかできないことをやりつづけている。
大きな会社だからといってうちは素晴らしい会社なんだよ!と思った時点で足元はすくわれる。何年か後にあのとき社長はこう言っていたけど会社無くなっちゃったね・・と言われる可能性だってある、と社長自ら仰っていたのが印象に残った。業界のトップクラスを走っているのにあぐらをかくことなく、常に会社の危機を感じながら今日から365日がんばろうという気持ち。やはりいい会社だなあ。ほんとうに貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。





PAGETOP
Copyright © 「いい会社」の法則実行委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top