株式会社高齢社

2015年7月7日 株式会社高齢社様訪問

株式会社高齢社

株式会社高齢社

株式会社高齢社

レポート:30代・男性

全国的にも高齢者雇用で有名な貴社を視察させていただいたことは、私にとって大きな経験になりました。高齢者雇用の現場に何が必要なのか、働きやすい環境づくりにどのようなシステムを構築しているのか、派遣職員のモチベーションや行動規範はどういったものなのか
詳細はこちら

レポート:30代・女性

理念にもあるように「働く場」と「生きがい」を提供することや働く人を大切にする人本主義ということを掲げて、それをもとに営業された結果、他業種の取引先も増えてきているようだ。
詳細はこちら

レポート:30代・男性
多くの企業が株主至上主義を掲げる中でその真逆をゆき、ひときわ輝く素晴らしい「古き良き日本型経営」だと思います。
ある分野の「即戦力」として働く場を得られて、かつ無理なく働くことができる登録者と繁忙期や即戦力が必要な就労先との双方がWinWinの仕組みもまた素晴らしいものだと感じました。
詳細はこちら
レポート:20代・男性
幸山社長がおっしゃっていた、定年後に、家でゴロゴロする夫を邪魔者扱いする妻、という現状も、容易に想像ができる。高齢社では、そんな方々を対象に事業を展開しているのだから、非常に効率が良いというか、現代社会においてマッチしているのだと感じた。
詳細はこちら
レポート:50代・女性
社名の通り、退職した高齢の方の就労を支援しており、「定年を迎えても気力・体力・知力のある方々に「働く場」と「生きがい」を提供する」と経営理念に謳われている。
平均年齢が69歳で、最高齢は80歳とのこと、まさに生涯現役である。
詳細はこちら
レポート:50代・女性
一般的な会社と違い、待遇よりも働く方の「誇り」や「生きがい」にフォーカスしていることが特徴的だと思いました。
詳細はこちら
レポート:30代・男性
企業側で、業務を細分化する等により高齢者の方が対応可能な形にすることが必要で、これらの認識を深めていくことで地域において高齢社モデルのビジネスが広まっていくのではないかと感じた次第です。
詳細はこちら
レポート:40代・女性
誰かのため、社会のために自分にできることがあり、自分の活躍で誰かが喜んでくれるという思えることこそが元気の素になるように思います。
詳細はこちら
レポート:20代・男性
<一人でも多くの高齢者の皆さまに「働く場」と「生きがい」を>この思いで、高齢者の働く場所を提供している会社は、他に見たことがありません。
「働く場」と「生きがい」高齢者にとって、残された数少ない人生、人として生まれてきたからには、必要とされる場、生きがいがあったほうが、残りの人生楽しめる&充実するのだと思います。
詳細はこちら
レポート:40代・男性
「これからは高齢者の独り者が増える。高齢者の結婚相談所をつくりたい」と生涯独身の者が増加する傾向にある現状へのアプローチを示した。企業の存在理由は『人を雇うこと』である。
高齢者も成長できる。問題は自分の中にある。
会社は、異質な人材をそろえた方が強い。とも言っています。
詳細はこちら